自分に感謝

私に感謝

先日のバスタイム、ふ~っと息をつきながら、

『あぁそうだ、今日はお布団を干した上に、シーツもカバーもちょっと涼しめに変えたんだよなぁ。今日のお布団は気持ちいいぞ、うふ♪』

と、思った時に思い出した。


私、今日、気分も体も重くて、

『あ~、布団干すのおっくうだなぁ、、』

なんて思いながら干したんだよなぁ、って。

私は最近、動画にいろいろ出ている《朝のルーティン》や《夜のルーティン》を観て、ちょこちょこと真似ている。


その動画の中に出てきてて、最近始めたルーティンに、『自分にありがとうと言う』というのがあって。

動画の中で『今まで自分が生きてきた何十年も、24時間365日、ずっと動いてくれてる心臓に。また体、手も足も髪も指も皮膚も血管も臓器もすべてすべて。』と仰ってた気がする。

その通りだなぁ、自分(の体)に感謝してなかったなぁ、って思った。


そして、

すぐにお風呂の中で、私は、日中の私に、

『体が重いなぁと思いながらも、お布団を干してくれてありがと!今の気候に合わせてカバーとかも替えてくれてありがとう』

と、そう言った。

私の体は私のものなのだから、私の思う通りに動いて当たり前だよね!?

(ん〜もうちょっと上手く描きたいのだけど‥)

“私”は“私”なのだから、“私”が布団干したいと思えば“私”が布団を干すのは当たり前だと思う(誰かに頼むという選択肢は別として)。


でもここに、〈“私”という意識〉と〈“私”の体〉があるのだとしてみると、

〈“私”の体〉が布団を干してくれたから、〈“私”という意識〉は嬉しいし、気持ち良く寝れるし、幸せだなぁって感じられるんだよなぁ。


24時間365日動いてくれてる自分の身体に感謝というのは、こういうことだったのかも‥と、改めて思った。

普段の意識

じゃあ‥

普段は?


家族みんなのためにしてること、そうだと思ってしてること。

なのに誰も私に感謝しないじゃない!って怒ってた私。

私がしてたことは、私のためにでもあるんだよね、うん。

じゃあ私からは?

ご飯を作ってくれた〈“私”の体〉に、

買い物してくれた〈“私”の体〉に、

毎日献立に悩んでくれてる〈“私”の体〉に、

(どれだけご飯を作ることにイラついてるんだ私^^;)

〈“私”という意識〉はどれだけ気持ちを向けていただろうか?

むしろ、

〈“私”という意識〉の前で、〈“私”の体〉がしなければいけないこと、するべきことをするのは当たり前、動いて当たり前だと思ってた。

この《して当たり前》の感覚。

どこかで見覚えならぬ、感じ覚えがある気がする。。。。

に感謝、自分で感謝

自分で、自分が何をしているのか


それは、私が得意な“またアレできてないわ〜”とか、“あ〜コレも足りてないわ〜”とか、そこじゃなくて、そんな風じゃなくて、


これまた私の得意な“私ばっかり〇〇(我慢など)してる!”“全然感謝もされへん!”みたいに思う時に、


“私”からしてもらった側に“自分自身”も立ってもらって。

そして“私”は何をしたのか?

何を頑張って、どんな気持ちでいるのか?

そんな風に見てあげたいなと思う。

とにもかくにも今日は、

《私が、私に感謝したい》ね、という話でした。

投稿者プロフィール

心理カウンセラー 斎藤朝海
心理カウンセラー 斎藤朝海
心理カウンセラーで作家の根本裕幸さんのお弟子です。
よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら。