ご褒美にジャッジ

自分にご褒美をあげる時、

頑張ったぶん“だけ”あげようとしていた、

そんな感覚があったなぁ、

ってふと思った。

頑張ったぶん“以上”のご褒美をあげてしまわないように、自分にちゃんとご褒美をあげよ♡とか言いながら(思いながら)、

めっちゃご褒美の“加減”に神経質になっていた気がする。

だって、頑張ったって言ったって、所詮大したことない、“これくらい”のことだから。

ま、でも。頑張ったんだから、ご褒美はあげた方がいいよね!なんならそれが正しいよね!

みたいに‥。なってた、かな。

めーーーーーーっちゃジャッジしてるよね、それ。

ご褒美なのに、全然気が休まらないし、褒められた気がしないし、むしろ値切られてる?値踏みされてる感?

自分で自分の厳しい目に縛られてるよなぁ、これじゃあね。

頑張った分しか褒めちゃダメ!

頑張った分以上のご褒美は、ご褒美じゃない、ただの堕落だ!みたいな気がしてた^^;

『ご褒美』を『ご褒美』だと感じられるまで。

そう多分、自分がご褒美だと、

《私、頑張ったな》って思えるくらい受け取っていいんだろうな。

投稿者プロフィール

心理カウンセラー 斎藤朝海
心理カウンセラー 斎藤朝海
心理カウンセラーで作家の根本裕幸さんのお弟子です。
よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら。